TOPページ > 語学・資格 > 何時でも何処でも出来るTOEIC990点取得者の英語学習法

何時でも何処でも出来るTOEIC990点取得者の英語学習法





応援よろしくお願いしますっ! →  人気blogランキング   鬼ブログランキング

発行者: 中村 孚
商品名: 何時でも何処でも出来るTOEIC990点取得者の英語学習法


日本に居ながら英語を学習する場合、読むことが中心とならざるを得ないでしょう。しかし、読んでいる間にも、文法・ライティングだけでなく、リスニングの力もつけることは、十分に可能です。私は、そのような方法を追及しました。素材は、最近数ヶ月の新しいものに限定しました。英語は、国際語です。毎日のように、新しい表現を目にします。一年前、三年前、十年前に書かれたものを、五年前に発行された辞書を使って、勉強していたのでは、時代の変化に追いつきません。素材は、時代の流れに乗ったものから、学習者向けに私が書き下ろしたものです。TOEICやTOEFL対策にも大きな効果があるでしょう。


プロフィール

初めて海外に赴任したのは、1975年、36歳の時でした。帰国したら英検一級を取ろうと決意し、教本を買い集めて赴任しました。1980年に帰国、一級を取りました。次に海外に赴任したのは、1982年、43歳の時でした。帰国時までに、英米人と間違えるように英語を磨き上げたいと願いながら出かけました。しかし、苦労に苦労の連続でした。だが、挫折せず、勉強の仕方を毎月のように変え、色々な人に教えを請い、良いと思ったことは、すべて実行しました。 1986年、47歳にして帰国、同じ年にTOEIC を初めて受験し、920点を取り、次いで、国連英検特A級に合格しました。その後も、さらに上を目指しましたが、日本に居て英語力をつけることの難しさを強く感じました。しかし、努力は報いられるもので、1990年、51歳にしてTOEIC955 を取り、脱サラを考えるようになりました。英語一筋の道を求めて、脱サラしたのが、1994年、55歳の夏でした。その後、放送・新聞の世界で英語を書く仕事に携わる一方、TOEFL 受験生を教える機会も得ました。しばらくTOEICを受験する気はなかったのですが、年と共に老眼が進み、このままでは、受験そのものが難しくなると感じ出し、2003年11月に受験しました。狙ったわけではありませんが、幸いにして990点を取りました。時に、63歳、思えば長い道のりでした。

何時でも何処でも出来るTOEIC990点取得者の英語学習法


応援よろしくお願いしますっ! → 人気blogランキング   鬼ブログランキング