TOPページ > 語学・資格 > 合格できなかったら全額返金!合格率たった2割の初級シスアドに、1日1時間×30日でラクに合格したノウハウ&みっちりサポート

合格できなかったら全額返金!合格率たった2割の初級シスアドに、1日1時間×30日でラクに合格したノウハウ&みっちりサポート





応援よろしくお願いしますっ! →  人気blogランキング   鬼ブログランキング

発行者: オンラインショップ・ノークレーム研究会
商品名: 合格できなかったら全額返金!合格率たった2割の初級シスアドに、1日1時間×30日でラクに合格したノウハウ&みっちりサポート

◆初級シスアドって誰でも簡単に取れる資格なの?
「1日1時間、たった1ヶ月の勉強」でシスアドの資格を取ったなんて書くと、

初級シスアドって誰でも簡単に取れる資格なの?

と疑問に思われることでしょう。それに、こんなことを言う人だっています。

悪いが初級シスアドなんて1ヶ月ほどの勉強も必要ない低いレベルの試験ですよ。
しかし、情報処理推進機構が発表している、今年春のシスアド試験についての事実はこうです(↓)。

応募者数(願書を提出した人の数)  75,958人
受験者数(実際に試験を受けた人の数)53,413人
合格者数15,636人

シスアドの試験を志して申し込んだのに、当日までに挫折してしまった人が22,545人もいます。申し込んだ人のうち途中で挫折した人の割合が30%近くもあるのです。

で、肝心の合格率はというと、たったの20%! シスアドの試験に申し込んだ10人に8人は試験に合格できないのです。

実際に受験した人のうちでも、合格率は30%しかありません。


難関大学の受験や司法試験だったら、記念受験(どう考えても受かる訳はないけど、記念に受験だけしておくか)というのがあり得ますが、シスアド試験の性質を考えれば、受かるために申し込んで受験する人がほとんどのはずです。なのに合格率はたったの2割!

これでも、誰でも受かる簡単な試験だと思いますか?


◆シスアド試験の合格率は何でこんなに低いのか?
まず、「シスアド試験の出題範囲がかなり広い」ことが挙げられます。手元にある参考書の章立てはこうなっています。

パソコンのハードウェア
パソコンのソフトウェア
表計算ソフト
データベース
ネットワーク
シスアドとシステム開発
システムの運用管理
業務知識
この8つのまとまりも何もない分野からバラバラに出題されますので、実務経験がない人には特にしんどいです。参考書を見ただけで、「こんなに覚え切れるか!」と投げてしまう人も少なくないことでしょう。


それだけでなく、午後問題にでてくる長文読解で時間切れになってしまう人も少なくないようです。

知識があれば何とかなる午前問題と違って、午後問題の場合、まず長文を読み込んで、答えの手掛かりを探していかないといけません。つまり、「知識」+「文章の読解力」がないと点が取れないのです。


また、最近は「セキュリティ」や「個人情報保護」に関する出題も増えていますが、入門書レベルでは軽くしか触れられていない場合がほとんどです。


あとは、計算問題で引っ掛かる、マークシート形式のテストに慣れてない、なども原因になります。

これではシスアド試験の合格率が2割(実質3割)しかないのも無理もありません。


合格できなかったら全額返金!合格率たった2割の初級シスアドに、1日1時間×30日でラクに合格したノウハウ&みっちりサポート


応援よろしくお願いしますっ! → 人気blogランキング   鬼ブログランキング