TOPページ > エンタテイメント > 「コード」と「スケール」がわかる!「っぽい」オリジナル曲作りの道 『「っぽい」・バーション』

「コード」と「スケール」がわかる!「っぽい」オリジナル曲作りの道 『「っぽい」・バーション』





応援よろしくお願いしますっ! →  人気blogランキング   鬼ブログランキング

発行者: 山田浩市
商品名: 「コード」と「スケール」がわかる!「っぽい」オリジナル曲作りの道 『「っぽい」・バーション』

■ギターなどを弾いていると、最後には『自分の曲を作りたい!!』と思いますよね。 たとえ、楽器が出来なくても「オリジナル曲」は作ってみたい。   □でも、『プロだから』とか『専門学校へ行って』じゃないと出来ない。  □それに、「コード」とか「スケール」とかもよく分からないし・・・・・。 「アナタのそんな風に思っていませんか?」 理論書や教則本は買ったものの、結局譜面とかが読めないとイマイチ書いてあることが分らない。実際に自分で作ってみる時に活かしきれない。。。そんな悩みから考えた出した「っぽい」流オリジナル作曲法。 【その中でも、特に濃い内容の「っぽい」ところを集めた中級者向けの、セクション別バージョン】

■特にギターは「コード」を型で覚えるので、その 「仕組みや使い方」については、そんなに 深く考えなくても、それなりに曲は弾けます。 =でも、いざ【自分で曲を作る】となると…==  ♪。ワンパターンになってしまったり、 ♪。「コレ」といったネタが思い浮かばなかったり、 ♪。コード進行が単純、 ♪。「フレーズ」が続かない、 ♪。盛り上がりに欠ける、 ♪。面白い展開にしたいのに出来ない ♪。『イメージ』とコードやメロディーがつながらない、 ♪。「サビ」への持っていき方が微妙、 ♪。楽譜や譜面を見るだけで嫌になっちゃう、 ♪。譜面に「#や♭」が付いてると、もうダメ、 ♪。誰かと作っていると、伝えたい共通語が見つからない、 ♪。そもそも、どうしていいかわからない。etc. =などの、問題にぶつかります。                       
■この悩みは、「プロ」も「アマ」も関係ないですね。 そんな、悩みをもつミュージシャンへの何かのお役にたてれば… 昨年発行したメルマガ「っぽい」オリジナル曲作りの道。はこの問題に悩むミュージシャンの方々へのヒントになれば、と思いはじまりました。  『コード』は、どのよう出来ていて、その「音」や「響き」の持つイメージで、  【使い分け】られていること。  メロディーやフレーズの基本は、『スケール』という音の仲間で作られていて  その【並べ方】で、雰囲気が違う。  こられの、「つなぎ方」や「変化をさせる」ことで様々な表現ができること。

■でも、楽譜や譜面で説明されちゃうと「サッパリ?」になるので、極力使わず いろんな曲の特徴的な部分にスポットを当てて、その意味を知る。

■その特徴的な部分が「っぽい」ところ。 「っぽい」ところを理解すると、最後には自分「っぽさ」も発見できる。 コードを実際に押さえた写真や、図解・表入りでまとめ、実践で使えそうな「コード進行」や「フレーズ」の練習を取り入れて、必要な知識を、それぞれ独立した4セクションにまとめ、【A4-全294ページ】に仕上げました。【このセクション別「っぽい」バージョンは全70ページです。】  これで、あなたもミリオンセラーの扉を開けてください。

「コード」と「スケール」がわかる!「っぽい」オリジナル曲作りの道 『「っぽい」・バーション』


応援よろしくお願いしますっ! → 人気blogランキング   鬼ブログランキング